暑い夏に最適な外装リフォーム

DSC02033.JPGのサムネール画像

暑い季節がやって来ました。

室内の温度も上がり、クーラーを付けっぱなしの方もいるのではないのでしょうか?
それにより思った以上に電気代が高くなっているという相談をたくさん受けています。

室内の温度を下げたい場合には、やはり断熱性能の高い外装を施工する事があげられます。
それにより、室内の温度が低くなり、クーラーを一夏全くつけなかっったという声もお聞きします。
おすすめはカバー工法。
空気層をとることで熱が逃げていきます。
たくさんの工法が出ているので是非お気軽にご相談下さい。

※写真は「換気棟」と呼ばれる部材で、暖まった空気が上から逃げていきます。

過去の特集記事

お知らせ
  • 2011.07.06
    登録企業さまのホームページが改訂されました
    今月の会社紹介でも紹介しております、高知県の『オガサ製工』さまのホームページが改訂されました。 →http://ogasaseikou.jp/ 新しい取り組み、商品をご紹介するための改訂で、ホームページから継続的に問い合わせが来ているそうです。 大切に育てられている、社長の思いの詰まったHPを是非ご...
  • 2011.05.16
    今月の会社紹介を更新しました。
    今月の会社紹介は、高知県を拠点に活躍される若き経営者『オガサ製工』さまです。   お客様のご要望を上回る、住まわれている住宅の課題にあったご提案をされており、技術者の育成にも積極的に取り組んでおられます。   高知弁バリバリのブログも必見です。   http://www...
  • 2011.04.28
    特集 軽量屋根と屋根の軽量化 をUPしました
    軽量屋根とは一般的に「スレート屋根」や「金属屋根」のことを言います。  これは従来の「瓦屋根(粘土瓦やセメント瓦など)」と比較した総重量をあらわすもので、厳密に何kg以下が「軽量屋根」といった線引きはありません。