屋根の定期診断は大切です

amamori-02.jpg

住宅の外装は外部からの雨や風を防いでくれる大切な存在です。 雨漏りなどは住宅の内部まで入ってしまうと駆体を腐らせたり、シロアリの原因になったりすることもあります。 早期発見・早期治療を行うためにも定期的に診断をすることをおすすめします。

例えば屋根に苔が生えている、塗装がはがれてきている、屋根材が浮いてきているなどの様々な症状が見ることが出来ます。しかし、下から見て痛んでいるように見えなくても屋根の上に登って見てみたら雨漏りがしていたなどと言うこともあります。

家は重要な財産です。長持ちさせるためにもプロに相談し、診断をしっかりとして頂く事をおすすめします。

過去の特集記事

お知らせ
  • 2011.07.06
    登録企業さまのホームページが改訂されました
    今月の会社紹介でも紹介しております、高知県の『オガサ製工』さまのホームページが改訂されました。 →http://ogasaseikou.jp/ 新しい取り組み、商品をご紹介するための改訂で、ホームページから継続的に問い合わせが来ているそうです。 大切に育てられている、社長の思いの詰まったHPを是非ご...
  • 2011.05.16
    今月の会社紹介を更新しました。
    今月の会社紹介は、高知県を拠点に活躍される若き経営者『オガサ製工』さまです。   お客様のご要望を上回る、住まわれている住宅の課題にあったご提案をされており、技術者の育成にも積極的に取り組んでおられます。   高知弁バリバリのブログも必見です。   http://www...
  • 2011.04.28
    特集 軽量屋根と屋根の軽量化 をUPしました
    軽量屋根とは一般的に「スレート屋根」や「金属屋根」のことを言います。  これは従来の「瓦屋根(粘土瓦やセメント瓦など)」と比較した総重量をあらわすもので、厳密に何kg以下が「軽量屋根」といった線引きはありません。