介護保険における住宅改修

ご家族の方が要支援または要介護のお認定を受けられた場合、住宅改修にかかる費用の90%(限度額20万円)を支給してもらえます。

手すりの取り付けや段差の解消、床材の変更や引き戸への取替えなど、住み慣れた自宅で安心して生活するための必要経費ですので、本当に助かる制度といえるでしょう。


居宅介護住宅改修・介護予防住宅改修に係る介護保険の給付(厚生労働省ホームページより)


kaigo2.jpg

 

改修を考えておられる場合は、ケアマネージャーさんに相談するのが一般的ですが、介護リフォームのプロフェッショナルに相談するという方法もあります。

この場合は、いま本当に必要な改修は何なのかを一緒に考えることをお勧めします。

 

というのは、要支援や要介護になったからといって通常の生活がまったく出来なくなる訳ではなく、少し頑張ってでも一人でトイレに行ったりお風呂に入ったりすることで介護レベルをこれ以上上げない(むしろ介護レベルを下げる)ことを考えています。

 

これは「介護予防」という考え方です。

 

例えば、足腰が少し不自由になり外出が億劫な場合でも、てっとり早く車椅子を用意して外出を促すより、屋内の段差の解消やスロープを設置することで、自分で歩いて外出できる環境を整えるほうが、将来的には良い方向に向かうと思います。(レベルや個人の意識によって違いますので一概には言えません)

 

大切なご家族と、誰かがストレスを感じたり負担になったりすることなく、楽しく暮らしていきたいですよね。

過去の特集記事

お知らせ
  • 2011.07.06
    登録企業さまのホームページが改訂されました
    今月の会社紹介でも紹介しております、高知県の『オガサ製工』さまのホームページが改訂されました。 →http://ogasaseikou.jp/ 新しい取り組み、商品をご紹介するための改訂で、ホームページから継続的に問い合わせが来ているそうです。 大切に育てられている、社長の思いの詰まったHPを是非ご...
  • 2011.05.16
    今月の会社紹介を更新しました。
    今月の会社紹介は、高知県を拠点に活躍される若き経営者『オガサ製工』さまです。   お客様のご要望を上回る、住まわれている住宅の課題にあったご提案をされており、技術者の育成にも積極的に取り組んでおられます。   高知弁バリバリのブログも必見です。   http://www...
  • 2011.04.28
    特集 軽量屋根と屋根の軽量化 をUPしました
    軽量屋根とは一般的に「スレート屋根」や「金属屋根」のことを言います。  これは従来の「瓦屋根(粘土瓦やセメント瓦など)」と比較した総重量をあらわすもので、厳密に何kg以下が「軽量屋根」といった線引きはありません。