保険活用による住宅の改修

使わなきゃもったいない!?
 
保険活用による住宅の改修

 

住宅の改修に火災保険や損害保険が使える場合があることをご存知ですか?
日本人はえてして、保険=安心を金で買う、と考えがちですが、せっかく改修を行うならば今まで払ってきた保険を利用しないてはないでしょう。

 

適用されるのは、何よりもまず、

お住まいの住宅に火災保険をかけているかどうか・・・
雪害や台風などの自然災害による被害があると証明できるかどうか・・・

 

住宅の改修をお考えであれば、一度保険の内容を確認していただき、可能性があれば業者さんにお願いして調査、診断をしてもらいましょう。

 

業者さんによっては申請書を作る手伝いをしてくれるところもありますので、多くの手間もかからず、費用も削減することができます。

過去の特集記事

お知らせ
  • 2011.07.06
    登録企業さまのホームページが改訂されました
    今月の会社紹介でも紹介しております、高知県の『オガサ製工』さまのホームページが改訂されました。 →http://ogasaseikou.jp/ 新しい取り組み、商品をご紹介するための改訂で、ホームページから継続的に問い合わせが来ているそうです。 大切に育てられている、社長の思いの詰まったHPを是非ご...
  • 2011.05.16
    今月の会社紹介を更新しました。
    今月の会社紹介は、高知県を拠点に活躍される若き経営者『オガサ製工』さまです。   お客様のご要望を上回る、住まわれている住宅の課題にあったご提案をされており、技術者の育成にも積極的に取り組んでおられます。   高知弁バリバリのブログも必見です。   http://www...
  • 2011.04.28
    特集 軽量屋根と屋根の軽量化 をUPしました
    軽量屋根とは一般的に「スレート屋根」や「金属屋根」のことを言います。  これは従来の「瓦屋根(粘土瓦やセメント瓦など)」と比較した総重量をあらわすもので、厳密に何kg以下が「軽量屋根」といった線引きはありません。