外壁のトラブル

ヒビ割れてきた

外壁のヒビ割れは屋根のトラブルと並ぶ雨漏れの2大原因となっており、雨漏れの発生を発見しづらいのも特徴のひとつです。

ほおっておくと建物の骨組みが駆逐して、シロアリの発生や断熱効果の低下など、二次被害を及ぼしてしまいますので、たかがヒビ割れと思わず、早めに調査してもらいましょう。

 

専門家に調査を依頼する

ヒビ割れの原因としては・・・

外壁の老朽化によるもの

外壁の耐用年数は15年~20年程度といわれていますが、これは素材自体の耐用年数で、目地の部分や表面の塗装はもっと短くなります。
屋根と違い自分の目でも確認できるので、見てさわってみると良いでしょう。

建物の傾きによるもの

木造建築などは湿度や木材の収縮などが原因で、必ず多少の傾きやねじれが起こります。
まずは窓の周辺に発生することが多いのですが、外壁にヒビがいくほどの影響があるということは、その他の構造上の問題も考えられます。

地盤の傾きによるもの

建物の傾きが実は地盤から傾いている場合もあります。
こうなってくると外壁の問題ではなくなってきますので、単に塗装を行ったり外壁を張り替えたりするだけでは根本的な解決にはなりません。
古くなってきた

外壁は屋根と違って人の目に付きやすい場所です。

また屋根と同様に風雨にさらされている場所ですので、定期的な点検とメンテナンスが必要です。点検箇所としては汚れ、目地、窓周辺などですが、劣化の状態は素人目ではなかなかわかりづらいでしょう。

 

専門家に調査を依頼する

自主点検箇所・・・

外壁の汚れ

外壁には普段見えないほこりが付着して、それが雨に流されて目立ってしまうことが良くあります。
見た目を気にしなければ外壁自体にすぐに影響するものではありませんが、高圧洗浄などの洗浄だけ行う方法もあります。

目地のヒビ割れ

多くの外壁には材料のつなぎ目が存在し、そこをコーキングと呼ばれる弾性の素材で埋められています。
外壁自体は耐用年数内であっても、まずそのつなぎ目が劣化して、ヒビ割れ、最悪の場合そこから水が浸入することがあります。

外壁とサッシの接する部分

外壁のヒビ割れやすき間ができやすいのがこの部分です。
原因は建物の傾きやゆがみがほとんどですが、ほおっておくとそのヒビやすき間が広がり、雨や風の侵入を招いてしまいます。
スキマ風が入ってくる

建物が古くなってくるとどこからともなく入ってくるスキマ風、その原因を特定することは容易ではありません。

また外壁が原因とは限らず、内壁のすき間から床下の空気が上がってくることもあります。

冷暖房の効率もいちじるしく低下させてしまいますので、何が原因か専門家に調査してもらいましょう。

 

専門家に調査を依頼する

高気密・高断熱の落とし穴・・・

日本の住宅と暖房設備の進化

四季の変化がある日本では室内環境を年間通して一定に保とうとされてきました。
それに伴い冷暖房設備も進化してきましたが、一方で、場所ごとの温度変化や各居室への設備の導入などエネルギーコストの増加を招いてしまいました。

一気に高気密・高断熱ブームへ

それなら建物を魔法瓶のように気密性と断熱性を高めれば、と長い歴史の事後対策がとられます。
冷静に考えればそんな中で生活できるはずもなく、菌の繁殖や一酸化炭素中毒などが起こってしまうようになります。

空気の循環とバランス

高気密・高断熱を単なる省エネや快適性と考えず、冷暖房・断熱・気密・換気、の4つのバランスで建物と室内環境を考えましょう。
気密性・断熱性が本当に必要なのか、必要なら吸気と換気、窓の配置と設備の検討、トータルで専門家に相談しましょう。
お知らせ
  • 2011.07.06
    登録企業さまのホームページが改訂されました
    今月の会社紹介でも紹介しております、高知県の『オガサ製工』さまのホームページが改訂されました。 →http://ogasaseikou.jp/ 新しい取り組み、商品をご紹介するための改訂で、ホームページから継続的に問い合わせが来ているそうです。 大切に育てられている、社長の思いの詰まったHPを是非ご...
  • 2011.05.16
    今月の会社紹介を更新しました。
    今月の会社紹介は、高知県を拠点に活躍される若き経営者『オガサ製工』さまです。   お客様のご要望を上回る、住まわれている住宅の課題にあったご提案をされており、技術者の育成にも積極的に取り組んでおられます。   高知弁バリバリのブログも必見です。   http://www...
  • 2011.04.28
    特集 軽量屋根と屋根の軽量化 をUPしました
    軽量屋根とは一般的に「スレート屋根」や「金属屋根」のことを言います。  これは従来の「瓦屋根(粘土瓦やセメント瓦など)」と比較した総重量をあらわすもので、厳密に何kg以下が「軽量屋根」といった線引きはありません。