建物の修繕費を安くする方法はあるの?

あります。

屋根だけでなく外装工事全般を修繕することで総合的にいつまでも外観を損なわず、足場の設置費用も重複しないため工事費用も安くなります。築後20~25年を目安に、外壁の塗り替えや屋根の葺き替えをはじめ雨樋の交換など外装工事すべてを一度に施しておけば、屋根の下地材、柱や梁など建物の老朽化を防ぎ、結果的に建物を長持ちさせることに繋がります。逆に放っておけな地震や台風の時に建物に命をも奪われることにもなりかねません。

皆さんも目先の無駄金は使わず、建物と命を守る長期計画を考えてみては!!

お知らせ
  • 2011.07.06
    登録企業さまのホームページが改訂されました
    今月の会社紹介でも紹介しております、高知県の『オガサ製工』さまのホームページが改訂されました。 →http://ogasaseikou.jp/ 新しい取り組み、商品をご紹介するための改訂で、ホームページから継続的に問い合わせが来ているそうです。 大切に育てられている、社長の思いの詰まったHPを是非ご...
  • 2011.05.16
    今月の会社紹介を更新しました。
    今月の会社紹介は、高知県を拠点に活躍される若き経営者『オガサ製工』さまです。   お客様のご要望を上回る、住まわれている住宅の課題にあったご提案をされており、技術者の育成にも積極的に取り組んでおられます。   高知弁バリバリのブログも必見です。   http://www...
  • 2011.04.28
    特集 軽量屋根と屋根の軽量化 をUPしました
    軽量屋根とは一般的に「スレート屋根」や「金属屋根」のことを言います。  これは従来の「瓦屋根(粘土瓦やセメント瓦など)」と比較した総重量をあらわすもので、厳密に何kg以下が「軽量屋根」といった線引きはありません。